アレクサンダーテクニーク

アレクサンダーテクニークとの出会い

アレクサンダーテクニークとの出会い

フルート奏者、アレクサンダーテクニーク教師の岡本元輝です。

突然ですが、僕のアレクサンダーテクニークとの出会いをお話しさせてください。

アレクサンダーテクニークでほんとうにうまくなるの?

実は「アレクサンダーテクニークでほんとうにうまくなるの?」って思っていました。

学生のときに音楽家向けに書かれていたアレクサンダーテクニークの本を読んだことがきっかけでした。

その当時の僕には理解することができず、「アレクサンダーテクニークってよくわからない。むずかしい。うさんくさい。ほんとうにうまくなるの?」とネガティブな印象が残りました。

こんなよくわからないものは信用できない、自分には必要ない、と判断しました。

肩こりと腰痛に悩む学生時代

中学校の吹奏楽部でフルートに出会い、音楽高校、音楽大学に進学しました。

うまくなりたい一心で練習に励む毎日を過ごすなかで、たくさんの悩みを抱えるようになりました。

身体的な面では、肩こりと腰痛。
高校生のころから整体やカイロプラクティックに定期的に通っていました。
整体で身体をほぐし、痛みがひどくなったらまた整体にいく。これを繰り返していました。

大学3年のときには軽度のぎっくり腰も経験しました。
大学内を歩いているときに身体の中から「ピキッ!」と音がしたのを今も覚えています。
ほんとうに鳴るんですね。

楽器の演奏面では、楽器の持ち方、構え方、息が続かない、響きのある音が出ない。
(他にもたくさんありますが書き始めたらキリがない、、、)などなどを抱えていました。

少しでもフルートがラクに吹けるようになりたくて著名なプロ奏者の記事や演奏動画を参考にして、楽器の持ち方、構え方を試すなどしました。

ですが自分にあったもの、ラクに演奏できる方法はわからないまま大学を卒業しました。

友人の言葉をきっかけに、アレクサンダーテクニークのレッスンを受けに行ってみた

大学の友人がアレクサンダーテクニークのレッスンを受けていることを知り、実際のところどうなのか知りたくて連絡を取りました。

友人は「1年前とは吹き方が全然違うし、ラクになった」と言ったのです。

一気に興味を持ち、試しにレッスンを受けに行ってみることにしたんです。

一回行ってみて、自分に合わなかったら辞めればいい、そんな気持ちでレッスンへ行きました。

なんでもっとはやくにレッスンへ行かなかったんだろう

「ほんとうにうまくなるの?」って思っていた僕ですが、レッスンが終わってから「なんでもっとはやくにアレクサンダーテクニークのレッスンを受けなかったんだろう」って思ってました。

自分のやりたいと思っている音楽表現に近づけたよろこびと楽しさ、いままで体験したことのない感覚に驚きました。

あんなにアレクサンダーテクニークのことを疑っていた僕にとって、とても衝撃的な体験でした。

自分の知りたいことがアレクサンダーテクニークにはたくさんあると直感して、継続してレッスンを受けることを決めました。

その後数回レッスンを受けていくに連れて、もっとフルートがうまくなるためにもっとアレクサンダーテクニークのことを知りたいと思うようになりました。

そこでアレクサンダーテクニーク教師資格を取ろうと決心しました。

自分の体の使い方と考え方を探求する日々

より自分らしく演奏する、音楽をするために、アレクサンダーテクニークを使って体の使い方や考え方を探求する日々が続きました。

・より演奏がしやすい楽器の持ち方や構え方
・より息を続かせるためには身体をどう使ったらいいのか
・響きを増やすためには身体をどう使ったらいいのか
・お腹の使い方はどうやったらいいのか
・アンブシュアやアパチュアをより繊細かつ、柔軟にコントロールするためにはどんな練習が必要なのか

などなど
出てくる疑問、悩みを自分自身に向き合いながら探求しました。

日常生活でも探求する日々

楽器演奏だけではなく、普段の生活の中でいろいろな身体の使い方を実践することが、アレクサンダーテクニークを習得していくことにとても役立ちました。

・歩きかた
・走り方
・重いものを持つ
・イスに座ってパソコンで作業をする
・赤ちゃんを抱っこする
・人前で話す 

などなど
何気ない日常生活の身体の動きや考え方を探求することは僕にとってとてもおもしろい時間でした。
いままで何も考えずただ過ごしていた日常が、充実した時間に一気に変わりました。

毎日が観察、分析、実験の連続でした。

自分のやりたい演奏ができた日

アレクサンダーテクニークを学びはじめて2〜3年が経ったころ、とあるコンクールに挑戦しました。

これまでの僕は頭のなかに迷いを抱えたまま本番を迎えることが多かったのですが、このときは迷いなく舞台に立つことができました。

自分のやりたい演奏をするために、舞台上でいまやれるベストな選択、体の使い方を選択し続けることができていました。

演奏が終わった瞬間にいままでにない達成感、やり切ったと言える演奏ができた喜びを味わうことができました。

もっとたくさんの音楽家にアレクサンダーテクニークを知ってほしい

2015年の8月から教師養成コースでトレーニングをはじめ、2019年6月に教師資格を取得しました。

トレーニングの期間は正直自分の嫌なところに向き合うこともあったので、全部が楽しい時間ではありませんでした。
ですが、ものすごく深く充実した時間を過ごすことができました。

教師になったいま、「もっとたくさんの音楽家の人にアレクサンダーテクニークを知ってほしい」という想いがあります。

先日レッスンをさせていただいた音楽家が舞台で輝く姿をみたとき、ただただ感動しました。

音楽をする人が
音楽をより楽しむために
音楽をより自分らしく演奏するために
もっと自分の心と身体を大切に、すこやかに音楽をするために。

そんなサポートをしていきたいです。

岡本元輝

体験レッスンに参加しませんか?

体験レッスンお申し込みはこちら

-アレクサンダーテクニーク

© 2021 岡本元輝 音楽家のためのアレクサンダー・テクニークレッスン