ドイツ一人旅

【2020】はじめての一人旅inドイツ ベルリンからライプツィヒへ

ICEに乗ってライプツィヒへ

シャーフ先生のレッスンが終わってベルリンからライプツィヒへ向かいます。

レッスンが終わってからDBのアプリでICEのチケットを購入。

失敗したのが経由する駅にハレが入ってないやつを買ってしまったこと。

レッスン直後で悔しさを抱えながら買ったのでとにかく早く違う土地に行きたかったのです。

ICEは結構遅れるみたいで見事に15分ぐらい遅れてきました。



無事にICEに乗り込み、スーツケース置き場の近くの席に座れて一安心。

これで盗まれたりしたら大変!なんて思いながら座席に座ってました。


ドイツには改札がないので車内で切符の確認があります。

このとき切符がないと罰金を払わないといけないので要注意。


僕はアプリの画面を見せました。



ベルリンからライプツィヒまでは1時間ちょっとなんですが、レッスンの悔しさをもろに引きずってました。

ものすごく悔しくて、車内で『音楽・就職」とか検索してました。

「なぜ音楽をしたい?」

「なぜフルートを演奏する?」

「音楽で何がしたい?」


と問いながらライプツィヒに向かいました。

こんなことを考えてたらあっという間にライプツィヒにつきました。

次のホテルへ向かう途中雨と雹に降られさらに気持ちがダウン。

踏んだり蹴ったりな一日。

Hotel BIG MAMA Leipzig

ホテルはライプツィヒ中央駅から歩いて3分ぐらいのホテルに泊まりました。


今回のホテルはすごくオシャレで広かった!!


このホテルに荷物を置き、高校の友達が住むハレへ向かいます。

ライプツィヒからハレへ

ハレまでのチケットを買おうとしたらアプリでは購入できず、券売機で買う羽目に。

DBの券売機って結構使い方が難しいんです。
わけがわからずハレの友達に連絡しなんとか購入。


ラインのビデオ通話最強すぎる。

チケットを買っていざハレに行こうと思って乗った電車が全く違うところに行く電車でプチパニック。

すぐに気がついたから2駅で済んだけど、気づいていなかったらドイツで迷子になってました。

一度ライプツィヒに戻り気を取り戻してハレへ。

ちゃんと電車の行き先と電車の番号を確認して乗りました(笑)

ハレに到着

ハレの第一印象はベルリンとは違ってとても静かで、街が綺麗で、穏やかな時間が流れている印象。

ものすごく住みたい!!

ベルリンは街並みも便利さもあるんだけど、常にざわざわしていて、工事の音がずーっとしてるから少しストレスでした。

ハレの中心地、マルクトプラッツのヘンデル像の前で待ち合わせ。

ヘンデル像

この広場に来るまでの通りの雰囲気が最高。

ハレに来ないでライプツィヒにいたらどんどんネガティブになって病んでいく一方でした。

ハレに来てよかった!!

ヘンデルと岡本

この像の前で去年リサイタルの伴奏を弾いてくれた萌子ねーさんと高校の後輩ポニョちゃんと合流。

3人とも同じ高校。

弥栄人がハレに集まるってすごすぎ!

合流したあとはポニョちゃん行きつけのアジアン料理を食べにいきました。

焼きそばと揚げたカツ

ふたりともハレの大学でピアノを学んでいて忙しいけど充実した時間を過ごしているみたい。


ズタボロ、ネガティブモードの岡本の話を聞いてもらいながら焼きそばを食ってました。

場所を移動してハレのビール醸造所へ

微炭酸の激ウマビール!

するする飲めちゃうやつ!
美味しかったーーーー!

今まで飲んだビールで一番かも!

ベルリンのレッスンの後に2人に会えて本当に良かった!

ネガティブから少しポジティブになれたハレの夜。


ハレの街並みに心が浄化されながらライプツィヒに帰りました。

帰りの電車のチケットはスムーズに買えました(笑)

次の日はライプツィヒを観光します!

-ドイツ一人旅

© 2021 岡本元輝 音楽家のためのアレクサンダー・テクニークレッスン