ドイツ一人旅

【2020】はじめての一人旅inドイツ フランクフルト

こんにちは!
フルート奏者、アレクサンダーテクニーク教師の岡本元輝です。

先日フルートのレッスンを受けにドイツへ一人で行ってきました。
人生初の海外一人旅!

これから一人で海外に行く方がいたら少しでも参考になればいいなと思います。

フランクフルト 行った場所まとめ

・Leonhardskirche
・レーマー広場
・ニコラス教会
・パウロ教会
・Liebfrauenkirche
・大聖堂
・路上コンサート
・カタリーナ教会
・ガレリア
・MyZeil
・Leonhardskirche

Leonhardskirche

レオンハルト教会の入り口

レーマー広場に行く途中にあった小さな教会

密集した中に建てられていたのと、外が工事中で全体の外観を撮れませんでした。

中は小さいのですがそれでも美しい。

祭壇のすぐ横に小さなパイプオルガンが置かれていました。

小さいオルガン

どんな音がなるのかなー。

祭壇の天井はカラフルな星が描かれていました。

祭壇

レーマー広場

レーマー広場

フランクフルトで一番有名な広場

おみやげ屋さんやコーヒーショップなどレストランもたくさんありました。

この広場でホットドックを買ってお店の前で立ち食い。

茹でたソーセージも美味しい!

基本こっちのソーセージははみ出てる

ニコライ教会

教会の入り口

レーマー広場の中にある教会

Leonhardskircheと色の配色が似てる。

祭壇

広さはこちらの方が少し広め。

教会のサイズに合わせたパイプオルガンもしっかりとありました。

パイプオルガン

祈りを捧げる人や、ホームレスの人が眠っていたり、観光客がいたり不思議な空間でした。

パウロ教会

パウロ教会

この教会は残念ながら入ることができず。

外観だけ。

レーマー広場から歩いて2~3分のところにあります。

Liebfrauenkirche

祭壇

大聖堂に向かう途中に見つけた教会。

Liebは『愛』 Frauenは『女性』という意味。

教会の中に飾られている装飾にはある共通点があることに気がつきました。

それは教会の名前にちなんだ装飾がされていること。

タイルで描かれているものはどれも人間の愛を描いていました。

ステンドグラスとタイル

そしてステンドグラスは『青』『白』『紫』『ピンク』の配色。

キリストを大事に抱えるマリアの像も印象的。

大聖堂

大聖堂

フランクフルトで一番大きな教会

ヴュルツブルクで見た大聖堂と同じくらい大きな空間の広さ!

そして観光客の多さにびっくり!

残念ながらパイプオルガンがある部分は改修工事中だったのですが、おもしろい空間が広がっていました。

大聖堂の両サイドの通路に飾られている絵は連作になっているのです。

壁にかかっていた絵

1・2はおそらく改修工事しているところに飾られていて撮ることができませんでした。

キリストが磔にされて、外されるまでを描いていました。

中央の祭壇に十字架に磔にされたキリストがあります。

祭壇

路上コンサート

この寒い中多くの演奏家が演奏していました。

仮装デュオ

クラリネットやアコーディオンのデュオ。

アコーディオンの演奏しているすぐそばにグリューワインを売っている屋台があったので聴きながら飲んでました。

白のグリューワイン

初めて飲むグリューワインは最高に美味しかった!

ガレリア

ドイツで有名なスーパーのチェーン店

ここでお土産を散策!

美味しそうなチョコを大量にゲット!

ガレリアのすぐ近くにもう一つ大きなショッピングセンターがあってそっちにも行きました!

MyZeil

ここは日本でいうららぽーと的なスポット!

日本にもあるようなブランドもこの店内に入ってましたよ!

ここでの目的はスーパーのREWE

ばらまき用のお菓子、ハリボーとかお茶、クッキーなどなどを購入。

ベルトコンベアに乗る商品

ドイツのスーパーはレジにあるベルトコンベアに商品を乗せて待つスタイル。

エコバックが欠かせません。

袋を忘れたら紙袋を購入しましょう。(そんなに高くない)

購入するものが多いと袋に入れるのが大変。

そして容赦無くお会計の時間がやってくるのでスピードが命!

田舎町なら良いけど、ここのREWEは激混みでした。

カタリーナ教会

カタリーナ教会

ガレリアのすぐ近くにある教会。

フランクフルトで見た教会で唯一赤っぽくない。

白壁に青のステンドグラスが美しく光っています。

祭壇

比較的大きなパイプオルガンが設置されていました。

パイプオルガン

ここでもコンサートをするみたい。

生で聴きたかったなー。

フランクフルト中央駅

中央駅

中央駅から中心地に向かう道が一番ディープな雰囲気が漂ってました。

なんかあったみたい、

謎に床屋がものすごく多い。なんで??

隣合わせだったりしてて不思議。

夜一人で通るのはちょっと勇気がいるかも?って思うぐらいディープな雰囲気。

ガレリアがある周辺はパリピで溢れてて、中央駅に向かう一本道は大人が集まってる感じ。

夕飯は駅のすぐ近くにあったお店でサラダボウルを買ってホテルで食べました。

サラダはボリュームたっぷり。

サラダボウル

ソースはバルサミコとパプリカチリソースを追加で購入。

パプリカソース絶品です!

今回泊まったホテルは部屋にある飲み物が無料で飲めたのでラッキー!

食べ終わってからスーツケースにお土産をパッキング。

心配なのは重さ。

オーバーしてないことを願うのみ!

フランクフルトまとめ

フランクフルトはものすごく人が多かった!

観光客と地元民であふれてました。そして日本人の多さにびっくり!!

ベルリンはいるかなーって思ってたらそんなにいなくて、ライプツィヒ、ヴュルツブルクではほぼ見なくて。

フランクフルトは直行便が出てるからその影響が大きいです。

ガレリアのある中心地は本当に人が多くってなかなか進めない。というか目線の先にすぐ人がいる状態でした。

ここでは日本でいうパリピの若者たちがどんちゃん騒ぎ!クラブの列に並ぶ若者たち。

演奏する人たちと自由な印象。

クラブとかどんな感じなのか興味あるけどとにかくうるさそう笑

まるで渋谷!スクランブル交差点か?と錯覚するぐらい人が多かった!

午前中までヴュルツブルクにいたから尚更人の多さにビビりまくりました。

ゴッホ展をやっているシュテーデル美術館にも本当は行きたかったんですけど、チケット購入まで200mぐらいの列ができてて諦めました泣

明日が最後のドイツ滞在。

フランクフルト空港から羽田へ帰ります。

-ドイツ一人旅

© 2021 岡本元輝 音楽家のためのアレクサンダー・テクニークレッスン