ドイツ一人旅

【2020】はじめての一人旅inドイツ フランクフルトから羽田へ

こんにちは!
フルート奏者、アレクサンダーテクニーク教師の岡本元輝です。

先日フルートのレッスンを受けにドイツへ一人で行ってきました。
人生初の海外一人旅!

これから一人で海外に行く方がいたら少しでも参考になればいいなと思います。

フランクフルト国際空港へ

フランクフルト中央駅から空港までS-Bahnで向かいました。

DBのアプリで切符を購入。このアプリめっちゃ便利なのでおすすめ!

地方都市だとS-Bahnとか使えない場合もあるみたいなので要注意。

この日はフランクフルト空港内でゆったりと過ごすと決めていました笑

スーツケースを引きずりながら街を歩くのってかなり大変だし、観光するときに邪魔になる。

ゆったり免税店でお土産を追加購入したりしたいのも理由の一つ。

チェックイン

海外の空港でチェックインするのは初めてでドキドキ。

成田ではグランドスタッフの方が手伝ってくれたけど、フランクフルト空港はそもそもスタッフの数が多くない。

画面もドイツ語であたふたしながらなんとかチェックイン。

自分の航空券をゲット。

残念ながら真ん中の席になってしまいました。

スーツケースを預けようとしたら1キロオーバー。自分的には完璧だったのにショック!

せっかくパッキングしたのに中の荷物を少しだけカバンに入れて減量。

こういう時にエコバックはほんとに役立ちます。

1~2個持っておくと安心です!

出国審査と手荷物検査。

出国審査はあっさりと通れたけど、手荷物検査は成田よりも厳しい!

楽器の中身を確認されたり、体全体をスキャンしたり、男性の職員さんに触診されたりしました。

成田と比べるとかなり厳重!

無事に終えて免税店のエリアへ。

免税エリア

免税店では甥っ子と姪っ子のお土産を買うのが最大の目的!

かなり余裕を持ってチェックインしたのでフリーラウンジで休憩。

ラウンジ

freewifiが通ってるのでかなり便利!

通信スピードもサクサク!

セルフサービスなのでゴミ捨てとかは基本自分。

若干気になったのはテーブルの上にパンくず多いこと笑

気になったら自分で拭けよって話なんだけど、めんどくさがりな自分はそれすらもせずとりあえずパソコンとスマホをポチポチ。

ラウンジでパソコンカタカタ

今回の旅で使ったものの金額などなどを打ち込んでおりました。

結局お揃いのお土産は買えず、、、

キーホルダーとシュタイフぬいぐるみを購入。

あとはハリボーを追加購入して今回の買い物は終わり!

日本で売られてるハリボーって結構サイズが小さいことが判明!

そして大量に入ってるのに安い!

パーティサイズってのが売られてました(写真撮り忘れた)

あとはバレンタイン直後だからなのか割引販売されてるチョコが多かったかな。

そういえばフランクフルトのガレリアも割引されてるのが多かった!

出発ゲートへ

今回乗ったのはフランクフルトから羽田空港に直行便。

全日空 コードシェア便 
運行会社 ルフトハンザ
フランクフルト:18時発
羽田空港翌日:13時着


Z69ゲートから出発。

まさかの空港の一番奥!!

ブリュッセル空港もそれなりに歩いたけどそれ以上に歩きました!

出発ゲートに向かう途中。果てしない

さすがフランクフルト国際空港!広い!!

出発ゲートの周りは日本人ばっか。

ツアー客の人たちが結構いるみたい。

座席の周りも日本人だらけでびっくり!

そしてコロナの影響でみんなマスクをしてました。

一応自分もしましたけど、ドイツにいたときは全くしなかったからなんか変な感じ。

機内食は圧倒的に行きに乗った全日空のほうが美味しかったかな。

過ごし方は基本的に行き帰り同じ。
映画を見たり、音楽を聴いたり。

夜間飛行だったので基本的に暗いまま過ごしてましたけどなかなか眠ることができず。

朝食のパンが冷たくってあんまり美味しくなかったのが残念。
暖かいやつだったら美味しかったんだろうなーって思いながら食べました。

結局ほとんど眠らないまま羽田に到着。

入国審査は顔認証で通過。

これからどんどん楽になるのかな。

スーツケースを受け取って免税のゲートを通る。

あとは家へ向かうのみ!!!

羽田空港から最寄り駅まで京急で一本なのがものすごく楽ちん!

羽田に着いてから1時間ほどで無事帰宅できました。

エアポート急行様様!

大きなトラブルもなく無事帰国できて一安心。

帰ってからは大量の洗濯物と戦い、夜はスシローを食べに行きました。

すでに違う国に行きたいなーって思ってます笑

2週間の一人旅。
全部自分で手配して、言葉の通じなさに悔しい思いもして、楽しいこともあって充実してました。

自分自身とじっくり向き合い、いろんなものを吸収できたと思います。


北欧とか東欧に行きたい。

これにて一人旅のシリーズは一旦終了。

-ドイツ一人旅

© 2021 岡本元輝 音楽家のためのアレクサンダー・テクニークレッスン